忘れやすいので備忘録として

自分が参加したアイドルのイベントやライブについて思い出すために書いています。

失ったモノ、手にしたモノ 〜18thシングル「逃げ水」発売記念 個別握手会@夢メッセみやぎ〜

12月23日(土)に宮城県夢メッセみやぎで開催された「18thシングル『逃げ水』発売記念 個別握手会」に参加してきました。

この日は2017年最後の握手会であり、クリスマスも近いとあって、非常に多くの方が握手会に参加して会場内は混雑す…ると思っていたのですが、会場である夢メッセみやぎの広さと、地方での握手会であるということもあってか人で溢れかえることもなく、快適な握手会でした。

決して、みんなリア充だから来なかったわけではないと思います。爆発しろ。

クリスマスが近いということで、殆どのメンバーがサンタやトナカイのコスプレ衣装を着ていて、ハロウィンでは特別な仮装をしなかった鈴木絢音さん (以下、絢音ちゃん) も、しっかりとサンタクロースの衣装を着ていました。

そういった可愛いメンバーの姿が見られるのも個別握手会のいいところです。

絶対に負けられない戦い

そんな楽しい雰囲気の個握ですが、私には真っ先に解決しないといけない問題があります。

12月上旬のある日、ふと755を開くと…

755はTwitterと違い、「ブロックされました」といった直接的な表現はしてこないのですが、ブロックされると相手のトークが見えなくなり (他のメンバーのトークから掘れば見れますが) 、フォローしようとすると今回のようなエラーが表示されます。

絢音ちゃんはブログよりも755の方が相性が良いらしく、頻繁に投稿してくれるので、このままでは困ります。

何より、ブロックされるほど悪いことをしたのなら謝りたいです。たとえ許してもらえないとしても。

そういった想いもあって、この日は最初の握手から、この話題に触れないといけません。クリスマスどころではありません。

どうやら、ブロックしたのは絢音ちゃん自身ではなかったようです。

恐らく、スタッフが何らかの目的 (これは本当に思い当たる節がない) でブロックしたのかもしれませんが、とりあえず絢音ちゃんを怒らせたわけではなかったようで安心しました。

決して、いっそのこと絢音ちゃんが意図的にブロックしてくれてた方が面白かったのに、とか思ってません。推しメンとは仲良くありたいですからね。

最も可愛いサンタさん

斉藤優里が一番

とりあえず問題は解消されたので、ようやく純粋に個握を楽しむことができます。

先述したとおり、この日は殆どのメンバーがサンタの衣装を着ていたのですが、中でも一番見たかったのは斉藤優里さん (以下、ゆったん) です。

以前にもブログにて書かせて頂いたのですが、私は乃木坂46の中で、ゆったんの顔が最もタイプです。

idolassy.hatenablog.jp

そんなゆったんのサンタ姿を見ないわけにはいきません。

優勝です。

握手まで残り3人ぐらいになるとメンバーの姿を目にすることができるのですが、サンタ姿のゆったんを見た瞬間、あまりの可愛さに口から心臓が飛び出るかと思いました。

色々と言いたいことを考えてはいたのですが、高まる胸の鼓動を抑えるのに必死で、ただただ好きという想いを伝えることしかできません。

本当に可愛かった。思い出すだけで白飯3杯はいけます。

鈴木絢音が一番

ゆったんと握手し終わってからも、その余韻でドキドキが止まりません。

このままでは他のメンバーとの握手に支障をきたします。

なんとかして落ち着かなければなりません。

いや〜、助かりました。

絢音ちゃんの顔を見た瞬間、それまでのドキドキが嘘のように平常心を取り戻せました

さすが推しメンです。

この一年で一番の蔑んだ視線と引き換えに落ち着くことができました。

これで安心して他のメンバーのところへ再び握手しに行くことができます。

カップルかよ…

先日、開催された「乃木坂46 アンダーライブ 全国ツアー2017 〜近畿・四国シリーズ〜」を観に行ったのですが、そこでMC中に伊藤純奈さん (以下、純奈) がこのようなことを言っていました。

純奈は2017年だけでも『犬夜叉』、『MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人』、『牙狼GARO>-神ノ牙 覚醒-』と3本の舞台に出演しています。

昨年の『墓場、女子高生』が初舞台であることを考えると、驚異的な成長だと思います。

一方で、舞台スケジュールの関係でライブのリハーサルに十分な時間が割けなかったり、稽古中の怪我でライブを休むこともあったりと、うまく両立できなかったと本人は思っているようでした。

ただ、今の乃木坂46はライブが全てではなく、舞台で活躍することも十分にグループのためになっているわけですから、あまり気にせず、今まで以上に舞台に力を入れてもいいんじゃないかなと思っています。

何より、たくさん舞台に出演できるということは、純奈自身の演技力が評価されてのことでしょうから、この機会を活かさないと勿体ない。

とりあえず、アンダラでのMCが気になったので、少し励ますつもりでした。

完全に敗北です。

励ますついでに絢音ちゃんの話をしたのですが、絢音ちゃんから好かれてることを自慢されました。

絢音ちゃんからもラブラブであることを伝えられます。

怒りを通り越して、辛さしかありません。

今まで以上に、純奈のことが嫌いになりました

もちろん、冗談ですけど。

失ったモノ

絢音ちゃんのレーンでは、あまり女性ファンを見かけることは決して多くありません。

見かけても、1人か2人ぐらいで、以前、横浜で握手会を行った時に5人ほど並んでた時は本人も驚いていたぐらいでした。

idolassy.hatenablog.jp

圧倒的に男性ファンが多いことは、女性アイドルなのですから当然なのですが、その分だけ、女性ファンがいてると気になってしまいます。
どこかの誰かさんみたく、いやらしい目で見てるわけではありません。

ブースから出てきた時に泣いていた顔が、とても印象的でした。

絢音ちゃん自身も、泣くほど喜んでもらえたことが相当嬉しかったようで、ハイテンションで喜んでいました

こういった光景は、絢音ちゃんに限らず他のメンバーのレーンでも、極たまに見かけるのですが、とても良いなと思います。

憧れのアイドルに会えることをとても嬉しく思う、その純粋な気持ち、私の周りにいる心の薄汚れたヲタクどもにも見習ってもらいたいものです。

私自身も、握手会に参加することを繰り返していくうちに、こういった純粋な気持ちを失ったように思えます。

なので、こういった感情を取り戻そうと思ったのですが…

顔を手で覆って、泣いてる表情を作ってみたのですが、形だけ真似てみてもダメでした。

特別な感情は一切湧いてきませんでした。

あの女性ファンのような、純粋な心は、もう私には残ってなかったようです。

手にしたモノ

とは言え、もちろん会いたいから会いに行ってるわけですし、ちゃんとした説明をしておかなければなりません。

「特別な感情」が湧いてこないのは、それが「当たり前のこと」だからです。

絢音ちゃんが歌う姿を観たくてライブに行ってるわけですから、その姿を観ただけでは特別な感情は湧きません。

絢音ちゃんと握手するために握手会に行ってるわけですから、握手しただけでは特別な感情は湧きません。

でも、特別な感情が湧かないだけで、ライブで観ることができたり、握手して話すことができることは、当然、嬉しいに決まってます。

だって、推しメンなんですから

どうやら、絢音ちゃん自身にも「私(絢音ちゃん)のために来てる」という認識はあるようです。

元々は、私は井上推しとして乃木坂のヲタクを始めてますし、絢音ちゃんを推すようになってからも、井上さんのチケットホルダーを着けたまま絢音ちゃんと握手してましたし、そもそも、全国握手会で井上さんと絢音ちゃんがペアレーンだったことがきっかけで、絢音ちゃんに興味を持ったことは本人にも伝えてるので、某星野・寺田推しの友人のように隠すようなことはしません。

そのことを絢音ちゃん自身が覚えているかどうかは定かではありませんが、この一年で鈴木推しとしての信用を多少なりとも得られたようです。

余談ですが、この日の終わりに、途中で連番した知人からこのような報告を受けました。

まだまだ疑問の域は抜けていないようですが、少しずつ認めてくれてはいるようです。

このセリフ、過去に、他のアイドルからも言われたことがあるのですが、私はそんなに口が悪いですか?

祝・アンダーセンター

恐らく99.9%の人は、絢音ちゃんと朝から『自惚れビーチ』について話をしたのでしょうが、755の件があったり、色々な話の流れで、結局は5部のギリギリまでその話をすることができませんでした。

ようやく、おめでとうを言うことができましたが、これまで見た中でも一番のテンションで喜んでいました

絢音ちゃん自身、あまりポジションについてテレビや雑誌などで言及することはありませんが、より前のポジションに立ちたいという想いはずっと持っています。

その一つとして、アンダーセンターとしてポジションを任されたことは、これまでの乃木坂46での活動の中でも、指折りの嬉しい出来事のようです。

こんなにも無邪気にはしゃぐ姿を見せるのは、珍しいなと思いました。

絢音ちゃんがアンダーセンターに選ばれたことや『自惚れビーチ』についての感想はここでは書きません。
需要があれば、別の記事として書きます。(需要ないと思いますけど)

最後に、

年末の挨拶をして、2017年の握手を終えました。

年が明けるとすぐに全国握手会があり、そこから個別握手会が続いていきます。

2018年も鈴木絢音さんと楽しく過ごせることを期待しています。

その他の握手

あやティーの顔

流石に半分は言い過ぎかもしれないけど、本当に3分の2ぐらいしかないんですよね。悲しくなります。

コスプレして…る?

f:id:idolassy:20171226235441p:plain

せっかく、可愛い格好をしているのにストールで隠していたのが残念です。まぁ、風邪をひいては元も子もないですからね。

井上さんへのクリスマスプレゼント

このネタがやりたくて、10月の「はにぽんフェスティバル」に行った時からずっと領収書を保存してました。

夜曲の感想

井上さんは自身の演技どうこうよりも、井上さんの演技を通じて舞台そのものを好きになってくれる方が嬉しいみたいです。

ちなみに、『夜曲』は本当に面白い舞台だったので、再演があったら観に行きたいです。

未成年の飲酒は法律で禁止されています

意外な交友関係に驚いていました。

本当の意味での握手会

いつも話すことに集中してしまっていて、あまり握手した感触が無かったので、逆に握手に集中してみました。
某渡辺推しの友人のようにハンドクリーム塗りたくってもらおうという発想にはなりませんでした。

気をつかってます

できるだけ不快な気持ちにさせないよう、毎回気をつかって話す内容を選んでるんですけどね、これでも。