忘れやすいので備忘録として

自分が参加したアイドルのイベントやライブについて思い出すために書いています。

女性ファンと空気を読むことは大事 〜18thシングル「逃げ水」発売記念 個別握手会@パシフィコ横浜〜

9月24日(日)に神奈川県・パシフィコ横浜で開催された「18thシングル『逃げ水』発売記念 個別握手会」に参加してきました。

前回の握手会から1週間しか経っていません。
なのに、ウキウキするんですから、毎週握手会をして欲しいぐらいです。

嘘です。流石にそれは財布が辛いです。

今回も前回と同じく鈴木絢音さん (以下、絢音ちゃん) と久保史緒里 (以下、久保ちゃん) との握手会です。
2週続けて同じメンバーとの握手。単推し感がありますね。

今回は絢音ちゃんとの握手の方から先に振り返ります。

喜ぶ鈴木絢音

真面目な話はつまらないですよね?

いつもなら適当な話をするところなのですが、この日は真面目な話をしようと思っていました。

どうも、この1週間の間に、一部の2期生メンバーが悲しむ事態が発生していたようです。
別に確証があるわけではないのですが、モバメやブログ、755などで発信されていたので、何かあったのかなと心配でした。
(恐らく、北野さんに関することだと思いますが…)

絢音ちゃんからは特別そういった内容の発信は無かったのですが、ちょっとでも励みになることが言えればと思い、真面目な話をしました。

本来の目的である「ちょっとでも励みになること」は言えたと思うのですが、握手会としては全く面白くない会話になってしまいました。

みなさん、本当に普段から握手会でちゃんとした真面目な話をするんですか?
自分でやってみると、とてもつまらなくて、全く握手会に来たという気持ちになれないなと思いました。

前回の記事でも触れましたが、やっぱり自分の性に合わないと思いました。

あと、「よっすー」はどこに行ったのでしょうか
「おはよう」と言えば「よっすー」と返され、「よっすー」と言えば「おはよう」と返され、これは何かの頓智ですか

とても嬉しそうに「つまんない」と言われました。
自分でもつまらないと思ってはいましたが、言われるとそれなりに傷つきます

ところで、絢音ちゃんの性格上、違うことを言えば「違う」と返してきます。遠慮を知りませんから。
「落ち込んでる」という言葉に対して何も返してこなかったので、やはり何かあったのかもしれません。

女性ファンが増えつつありませんか?

絢音ちゃんのレーンに並んでて、この日は妙に女性が多い気がしました。

普段であれば女性は1人、もしくは0人の場合が殆どです。
なのに、この日は常に5人以上の女性が並んでいるような状況に、少し驚きました。
いつものおじさんばかりのレーンに比べて、とてもいい香りがします。

ちょうど私の前に女性が2人いたこともあって、それについて触れてみました。

どうやら、最近は女性のファンも増えたようです。
見たこともないほど嬉しそうな表情で喜んでいます

極端なことを言えば、女性アイドルに男性ファンがいるのは当たり前のことなので、女性ファンが増えることは当然嬉しいに決まってます。
誰も好き好んでおじさんと握手したいと思ってるわけがないじゃないですか。(特大ブーメラン)

(いないとは思いますが) この記事を読まれた女性の方は、積極的に絢音ちゃんに会いに行ってあげて欲しいと思います。

本当に、我々男性ファンでは見られないぐらい、とても嬉しそうでした。

平日の九州はさすがに遠すぎません?

この握手会を最後に、新潟での全国ツアー、九州でのアンダーライブと続くので、最後の1枚は報告に使うことにしました。
名古屋の個握?そんなものは知りません。

平日に九州でライブをされても、東京からは遠くて、さすがに行けません。
「ライブに行けない」という報告なんて、アイドル本人は要らない、というツッコミは置いておいてください。

そもそも、福岡以外の会場については、会場キャパがとても少ないため、チケットは全然当たりませんでした。

アンダーライブは普段メディアでの露出が少ないアンダーメンバーの活躍を観られる貴重な機会であるとともに、乃木坂46全体でのライブと違った熱気のあるライブが観られるため、とても楽しみにしていただけに残念です。

とりわけ、8月に地方都市で開催された全国ツアーではアンダーメンバーの活躍が極端に少なかったため、残念な気持ちがひとしおです。

idolassy.hatenablog.jp

遠くから応援したいと思います。

久保史緒里はおしゃれ

前回の個握でも思いましたが、久保ちゃんはとてもおしゃれです。

この日は三つ編みっぽいおさげに、大きな丸いべっ甲柄メガネをしていました。
さすが Seventeen のモデルです。

褒めた時のちょっとしたドヤ顔がめちゃくちゃ可愛いです。

大変残念なことに、18thシングルの久保ちゃんとの個握は、この日で最後です。
10月28日のハロウィンコスプレも、12月23日のクリスマスコスプレも見ることができないのは、大変つらいです。
(ついでに言えば、19thシングルは全く取れませんでした。)

慌てながら久保ちゃんが言ったことは「全握に来てください」でしたが、久保ちゃんは人気のメンバーなので全握はかなり並びます。
心のなかで「めんどくさい」と思いました。

まぁ、他のメンバーを優先して、久保ちゃんを申し込まなかった自分が悪いので、20thシングルまでは大人しく全握で通い続けます。

数ある久保ちゃんの魅力のうち、最初に魅せつけられたのは圧倒的な演技力です。

2月に開催された『3人のプリンシパル』で久保ちゃんが魅せた演技、特にカムパネルラを演じた時の久保ちゃんは、まさに圧巻の一言でした。

今回の『見殺し姫』では、どんな久保ちゃんの演技が観られるのか、今からとても楽しみです。

オールカマーでどの馬を買うか悩んだので、久保ちゃんに数字を選んでもらいました。残念ながら、10番のマイネルミラノは4着でした。惜しい。

隣のレーンって大事

乃木坂46のレーン順は、ざっくりと個握の人気順に並んでいます。

ただし、現状は1・2期生のレーンが先に並び、その後に3期生のレーンが用意されます。
本当の人気順にしたら、残酷な現実が待っていることでしょう。

3期生はまだ個握の枠も少なく、レーンは全てが人気順というわけではありませんが、殆どの場合、久保ちゃんのレーンの横には梅澤さんのレーンがあります。

久保ちゃんとの握手を待つ時間は、スタイル抜群で美人な梅澤さんを見ることができる時間でもあります。最高です。

この日は、左側に梅澤さんのレーンがあり、右側に車椅子の方専用のレーンがありました。

3部で、久保ちゃんのレーンに並んでると、

本当に焦りました。

なぜなら、この日は絢音ちゃんとの握手は2部までで、3部は久保ちゃんとだけ握手したからです。
加えて、この日、私が参加する握手会は3部で終わりだったためです。

人間、見つかりたくない場合は顔を隠したりするもんですが、こっちを見るなと念じながら絢音ちゃんをガン見しました

結果、こちらを見ることなく、絢音ちゃんは自分のレーンに戻って行かれたので、ホッと胸を撫でおろし、久保ちゃんとの握手を心から楽しむことができました。

空気は読みません

ところで、私は、前の人が握手している時は、あまりメンバーの様子を見ていません。
個握と言えど、握手する時間はとても短いため、直前まで不要な情報を頭に入れたくないからです。

なので、絢音ちゃんが他の人と握手する様子をしっかりと見たのは、ほとんど初めてでした。

笑顔で握手する絢音ちゃんは、とても可愛いなと思ったのですが、もう個握券が無かったため、ブログのコメントにて褒めることにしました。

はい、完全に最後の行は余計ですね。

こういうことばかり言ってるから、絢音ちゃんに嫌われるんです。

空気を読めば良かった

そんなコメントをした直後でした、

絢音ちゃんが体調不良に苦しんでる中、あのような最低なコメントをするなんて、完全に空気を読んでない状況です。

しかし、時既に遅し。ブログのコメントを消すことはできません。
クールポコ (古い?) もびっくりの「やっちまった」案件です。

「覆水盆に返らず」

…あれ?この言葉、以前にも出てきましたね。

idolassy.hatenablog.jp

今さら後悔しても仕方がないので、心配している旨をコメントします。
(文章にすると、なんとなく押しつけがましい感じがしますね。)

しかし、そこは乃木坂運営。

何度コメントを書き込んでも、なかなか承認されません。

結局、翌日には承認されていた (しかも、無駄に全部) のですが、この承認ルールについては本当に謎です。

絢音ちゃん自身は、無事に5部から復帰したようですが、私は個握券を持っていなかったため様子を伺うことができませんでした。

ただ、絢音ちゃんが握手会を欠席することは大変珍しいことで、日頃の疲れが溜まってるんじゃないかと、とても心配でした。

私のような人を相手にするのが一番疲れるというツッコミはやめてください。

どうすることもできなかったので、最後に「無理しないで」と書いた手紙を預けて、会場を後にしました。